KYT(危険予知訓練)





このエントリーをはてなブックマークに追加

KYT(危険予知訓練)とは

 Kiken Yochi Training の頭文字。工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を事前に予想し、指摘しあう訓練のこと。1974年に住友金属工業が創出した。

 現場でのKYの準備として事前に行うもので、イラストシート(訓練シート)を使って、作業に関係する危険個所や危険行動の直接原因を視覚的に見つけ、安全を先取りする訓練方法である。


メニュー

■安全標語を作ってみました

***安全標語の傾向
 「安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、6月上旬に検索のピークがきます。
これは厚生労働省および中央労働災害防止協会が主催している全国安全週間が毎年7月1日から7月7日まで開催され
6月1日から6月30日までを準備期間としているためだと予測しているのですが、どうでしょうか。