KYK(危険予知活動)





このエントリーをはてなブックマークに追加

KYK(危険予知活動)とは

 Kiken Yochi Katsudou の頭文字。作業開始前にその対策について経験と想像力を働かせ、ミーティングなどで、その作業にひそむ危険を短時間で話し合い、危険箇所に気付き、これに対する対策を決め、行動目標を立て、一人ひとりが実践する活動のこと。

 訓練(トレーニング)と区別して、職場で実践するのを、危険予知活動という。実際の作業開始前に行い、その日の作業内容や現場の状況にそって考えていくため、不安全状態や不安全行動に対しての対策が現実的でわかりやすく、作業員の危険に対する感受性を高める効果がある。


メニュー

■安全標語を作ってみました

***安全標語の傾向
 「安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、6月上旬に検索のピークがきます。
これは厚生労働省および中央労働災害防止協会が主催している全国安全週間が毎年7月1日から7月7日まで開催され
6月1日から6月30日までを準備期間としているためだと予測しているのですが、どうでしょうか。