4S





このエントリーをはてなブックマークに追加

4Sとは

 4S運動(よんえすうんどう)は、製造業やサービス業を営む会社で行われる運動である。従業員に職場の整理、整頓、清潔、清掃の重要さを認識させ、これらを徹底させる啓発活動であり、これによって職場をより快適かつより安全なものにし、生産やサービスの効率化や品質向上を図る。

 整理、整頓、清潔、清掃の日本語をローマ字で表記すると頭文字がいずれも「S」となることから名付けられた。4S活動(よんえすかつどう)、あるいは単に4S(よんえす)とも呼ばれる。

■整理 必要なものと不要なものを区別し、不要なものを捨てること。
 「迷ったら捨てろ」の原則と言い、「いつか必要になるかもしれない」物を思い切って捨てるよう指導されることもある。
■整頓 仕事に必要な道具や資料を、必要なときに容易に探し出せるように整えて配置、収納しておくこと。
■清潔 衣服や装備に汚れやきずがないようにすること。また、粉塵、ガスや有毒な薬品からの防護を適切にすること。
■清掃 仕事によって生じたちり、ほこり、ごみを片付けること。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





メニュー

■安全標語を作ってみました

***安全標語の傾向
 「安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、6月上旬に検索のピークがきます。
これは厚生労働省および中央労働災害防止協会が主催している全国安全週間が毎年7月1日から7月7日まで開催され
6月1日から6月30日までを準備期間としているためだと予測しているのですが、どうでしょうか。