不安全な行動の内訳をヒントに





このエントリーをはてなブックマークに追加

不安全な行動の内訳をヒントに
 安全衛生情報センターでは、不安全な行動を分類しています。
この分類を参考に安全標語を作成してみました。



しっかりと 再度確認 安全装置

「安全装置をはずす,無効にする」を参考に作成しました。
面倒なのでという理由で、安全装置をはずして作業する方が多いようです。
事故防止のために、安全装置を必ず有効にしておきましょう。

まず確認 安全装置の 調整を

「安全装置の調整を誤る」を参考に作成しました。
安全装置の理解不足のため、安全装置の調整を誤る人が多いようです。
事故防止のために、安全装置の事前確認をお願いいたします。

安全と 笑顔を守る 防護物

「その他の防護物をなくす」を参考に作成しました。
面倒なのでという理由で、防護物をなくして作業する方が多いようです。
事故防止のために、防護物の重要性を理解し作業に取り掛かりましょう。

不意の危険も 予測して 再度確認 安全装置

「不意の危険に対する措置の不履行」を参考に作成しました。
不意の危険に対する一瞬の処置が、生死をわけてしまいます。
事前に不意の危険を予測した行動を考えておきましょう。

危険よぶ 不意の行動 再チェック

「機械,装置を不意に動かす」を参考に作成しました。
予期せぬ不意の行動は、周囲の人間に対して非常に危険です。
周囲の人間に配慮した行動を心がけましょう。

危険がひそむ 車の移動 声はかけたか 再チェック

「合図,確認なしに車を動かす」を参考に作成しました。
車の移動は非常に高い危険を伴います。
周囲の人間に配慮し必ず確認の合図を心がけましょう。

ちょっと待て 声はかけたか 再確認

「合図なしに物を動かす又は放す」を参考に作成しました。
自分のふとした行動が、周囲の人間に対しては非常に危険な行動であることがあります。
特に重たい物の移動の際には、声がけは必須です。

動かした機械は「停止」が 離れる合図

「機械等を運転したまま離れる」を参考に作成しました。
機械を停止しないで離れると、思わぬ事故につながる可能性があります。
動かした機械は停止までが自分の責任という自覚で行動しましょう。

危険です 一人ぼっちに した機械

「機械等を不安全な状態にして放置」を参考に作成しました。
機械を運転したまま不安全な状態にして離れると、思わず動作をして危険な状態になります。
動かした機械は必ず一人ぼっちにしないでスイッチを切るまで確認しましょう。

不安定な工具は 不安と危険増す

「工具等を不安全な場所に置く」を参考に作成しました。
工具等を不安全な場所に置いて離れると、不安と同時に危険性が高まります。
工具の置き場所は安定した場所を意識しましょう。

積み過ぎた 荷物は罪も 積んでいる

「荷等の積み過ぎ」を参考に作成しました。
荷物の積み過ぎにより、荷が不安定になり事故の危険性が高まります。
必ず適切な量の荷物をこころがけましょう。

ちょっと待て! つり荷の下は 危険ゾーン

「つり荷の下に入り又は近づく」を参考に作成しました。
何かの拍子につり荷から荷物が落ちてしまうという危険性があります。
つり荷の下にはくれぐれも近づかないようにしましょう。

落ち着いて 次の動作は 確認後

「確認しないで次の動作をする」を参考に作成しました。
工場や建築現場などでは次に起こる事象を予測した動作が必要です。
動作を行う場合は必ず、次の動作を確認しながら行いましょう。

落ち着いて 工具はしっかり 手渡しで

「手渡しの代りに投げる」を参考に作成しました。
ちょっとした気の緩みから、近くの人に対して物を投げてしまうことが
大きな事故につながることがあります。
危険をなくすため確実に手渡しを実行しましょう。

悪ふざけ 事故をよびこむ 危険源

「いたずら,悪ふざけ」を参考に作成しました。
工場や建築現場でのいたずらや悪ふざけは、言語道断です。
命の危険ととなりあわせであることを自覚し行動しましょう。

持ちすぎた 荷物で事故も 抱えてる

「荷などの持ち過ぎ」を参考に作成しました。
時間短縮を理由に、荷物を持ちすぎる方も多くいるようです。
時間短縮が命の短縮につながってしまいますので荷物は適切な量を運びましょう。

荷と安全 しっかりつかんで 事故防ぐ

「物のつかみ方が確実でない」を参考に作成しました。
不安定な荷のつかみ方は、危険を伴います。
荷物は必ず固定させてつかみましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

自動で安全標語を作成する「安全標語自動作成ページ」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★安全標語自動作成ページ★★★

メニュー

■安全標語を作ってみました

***安全標語の傾向
 「安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、6月上旬に検索のピークがきます。
これは厚生労働省および中央労働災害防止協会が主催している全国安全週間が毎年7月1日から7月7日まで開催され
6月1日から6月30日までを準備期間としているためだと予測しているのですが、どうでしょうか。